明日バイブが届きます

セックスレスとそれにまつわる秘密の話

始めるは易し続けるは難し


f:id:nana0102545665:20200124134017j:image

 ◇言葉に乗せて◇

 

何かを始めようとするのは簡単。

例えばダイエットは夜のアイスを食べて明日からしようとか、スポーツジムに通い始めて月末に会費の元が取れてないから焦るとか、毎日日記を書こうと思ったら5日目あたりから“疲れた”だけの一言文になったりとか・・・・。

 

だけど続けるのは難しい。

仕事も人間関係もブログも含めて。

 

 

40歳ギリギリ手前で始めたブログ。

随分遅咲きのデビューだ。Facebookは今もやっていない。

 

 

流行りに乗って始めたわけじゃ訳じゃなく、どんなに仲の良い友達でも言ったら少し困るであろうセックスレスに追い詰められて心に溜まった何かを吐き出すことがきっかけだった。

 

カテゴリーをみればなかなかの男性遍歴が垣間見えるお恥ずかしい内容。

それでもそれが真実だし、この場所でまで清純派でいる必要がないので素直に書けることは書いている。勿論書いていないこともある。それは書きたいけど秘密にしている訳ではなく書きたくないから書かない。それだけ。

 

 

嘘はかかないけど時系列がバラバラだったり、全くかかわりのない人様の不倫には持論を振りかざさないようだとか私なりのポリシーはある。誰に有益でもないけど(むしろ倫理的に怒られる)心に溜まったものを言葉に綴って法要することで何かのバランスを取っているのだと思う。

 

 

ブログで繋がっている大好きなお姉さんは今の愛する人とマイナスの結末になったらブログを辞めると言っていた。それは哀しい。とてつもなく哀しい。泣く!!!

 

 

いつもそうならないように願っている。

『感情と理性のバランスが良い』愛する人が彼女をそう表現したと書かれていたけど、その通りの清々しい言葉を綴る人。あと何記事でも彼女の言葉は読み続けたいしどんな未来も見届けたい。

 

 

ブログを書いている人は沢山いる。きっかけは人それぞれ。

ブログを始めた日を今も鮮明に覚えている。

 

 

ブログにはタイトルとペンネームが必要だった。どちらもあのブログを始めた日の気持ちが強く反映されているので書く場所が変わってもタイトルもペンネームも変えていない。そして読んでくれる人が1人でも何万人でも書きたいことを書くと決めたことを貫いている。

 

 

けどもっと素直に言えば読んでくれる人が0人なら寂しいしから出来れば読んで欲しい。褒めてもらえたら頑張れるタイプの人間だ。もしマサさんに貸したお金がブログを書くことで稼げたら嬉しい。1文字1円なら無駄なことも書く。もっともっと言えばアイディア商品とか書籍化とかして印税でガパガポお金が入ってきたら顔をシミを取りたい。もっともっともっと言えばマサさんから貸したお金に利子がついて返ってきたら一番嬉しい。

 

 

nana-sexless2.hatenadiary.com

 

 

 

 

「大して儲からないブログ」を16年も続けるワケ 「わかってくれる人に届けばいい」 #POL https://president.jp/articles/-/31762